プロミスで行われる在籍確認について

 
プロミスや一般的な消費者金融はそのほとんどが在籍確認の審査では職場への電話連絡で行われています。
ですが、最近では担当者に電話による在籍確認が都合悪い場合は、電話なしでそれ以外の方法にて審査を完結できるようになっています。

 

追加で書類を出すだけでプロミスなら在籍確認が完了します。

 

しかし、プロミス側で職場に勤務しているかどうかの確認が不要だと判断される場合も多いようです。

 

勤続年数が長い方や今まで借入した経験がない方など、安定した返済が見込める方は元々、在籍確認なしの場合もあるようです。

 

そもそも、プロミスに限ったことではありませんが、在籍確認をする理由は「職場で本当に働いていて給料をもらっているか」を確認することにあります。裏を返せば、別のものでその事実を証明できればいいのです。

 

その手段として一番有効な書類として健康保険証があります。健康保険証は、退職すると即刻取り上げられますから職場にいる証明としては有効です。

 

しかし、何度も転職を繰り返している人の場合、それだけでは不安だと判断される可能性があります。その場合、直近2か月程度の給与明細を提示することで更なる証明が可能です。ついでに給与振込がされている通帳の写しがあれば完璧です。

 

楽天銀行に給与振込をしていますという話をすれば、審査のポイントアップにつながる可能性もあります。

 

在籍確認をされると言われると、ついつい「仕方ないなぁ」と考えがちです。ただし、自分では気にしなくても職場への在籍確認がされると、周囲に悪いうわさが広まる可能性があります。できる限り、職場にプロミスなどの消費者金融や信販会社からの電話確認がされることは避けたいものです。