プロミスの在籍確認の審査の後に否決されることはあるのでしょうか?

 
プロミスで借入の申込をすると、WEB完結のように在籍確認の電話を省略しない限り、職場への在籍確認の電話が必ずあります。
サラリーマンの収入は、基本的に給与だけですから、その給料がないと借りた資金を返済することはできません。そのため職場にいることを確認する在籍確認の電話は必須です。

プロミスのような消費者金融から電話があると、上司などから「お金に困っているのか?」と変に怪しまれることが多いようです。そんなことなら、会社や上司が無利息でお金を貸せばいいように思えますが、そのようことはまずありません。

 

この在籍確認の電話は審査の一番最後で行われます。つまり、コンピューター上の仮審査が終わり、本人確認資料として運転免許証などを確認した後で在籍確認の電話をしているのです。

 

在籍確認の電話が終わると、本人の携帯電話などにプロミスから電話があり、契約が成立したと連絡があります。そして、契約内容の説明が改めてあるはずです。必要があればその場で自分の銀行口座に融資資金が振り込まれるでしょう。

 

つまり、在籍確認の電話がかかってきたら、審査に通ったと考えても、ほぼ間違いありません。ただし、在籍確認の電話がかかってきたにもかかわらず、審査に落ちてしまった人もたまにいます。

 

そのような人はある意味「不運」だったと言えるかもしれません。ただし、順番がひっくり返ったとしても仮審査が終わってからしか在籍確認の電話はしませんから、運転免許証などと申込書を突合したところ別人だと判断されてしまった可能性があります。

 

基本的に在籍確認の電話があった後に、審査で否決されることはまずないと考えていいでしょう。在籍確認終了後に審査が否決されるのは相当レアケースです。