アルバイトでも借りれる消費者金融ならプロミス

 
プロミスもそうですが、ほとんどの消費者金融でお金を借りたい場合、当然ながら審査があります。
審査では収入だけではなく、職業や職種も重視されます。収入の確実性という観点から、安定した収入がある人の方が審査では有利になるのです。

この観点からすると、アルバイトの方は審査では非常に不利であることがわかります。現実に、アルバイトの人は派遣社員の方と同様に、審査では不利になる職種の代表格としてランクされています。

 

しかし、実際にアルバイトの人が消費者金融で借りることができないかといえば、決してそのようなことはありません。アルバイトの方に対してでもプロミスなどの消費者金融はお金を貸してくれます。ただし、アルバイトの人が消費者金融の審査に落とされる事例は非常に多いです。

 

その理由として一番に挙げられるのは総量規制です。クレジットカードのキャッシング枠も含めて年収の3文と1という融資制限枠を計算されてしまうため、知らないうちにセットされていたキャッシング枠が融資を邪魔しているのです。

 

案外これだけの理由で審査に落とされている人は多いようで、どこが審査のコツを聞いたアルバイトの方が、手持ちのクレジットカードの契約内容をすべて調べ直し、キャッシング枠を解除してからリベンジで再度申込んだところ、審査に通ったという例があります。

 

アルバイトの方は、年収が低いことが多いため、総量規制に引っかかりやすいという特徴があります。特に主婦でアルバイトをしている人は旦那さんの扶養家族にしてもらうため、年間100万円程度で収入を抑えているケースも多いのではないでしょうか。

 

100万円の年収だと総量規制により33万円までしか借りることができません。クレジットカードのキャッシング枠は10万円単位なので、ちょっとしたことで限度オーバーになってしまうのです。