プロミスは在籍確認の電話なし!会社連絡不要のカードローン

 
プロミスなら在籍確認の電話連絡なしでカードローンができる!
会社に電話連絡による在籍確認不要で借入できるからバレない!

↓プロミスなら職場確認の電話なし↓
p
↑在籍確認をする↑

プロミスでもその他の消費者金融でも必ず在籍確認の審査は必ず行われますが、プロミスなら在籍確認の電話なしで契約までできるのが魅力!!

プロミスなら電話の代わりの方法を用意してくれます。まずは申込完了後にプロミスの担当者から連絡がありますので、その時に在籍確認の電話連絡について相談しましょう。職場の事情などをしっかりと伝えることで対応してくれます。
たったこれだけで、勤務先に連絡なしで内緒でプロミスのカードローンをすることができます。どんなにテレビCMなどでプロミスをはじめとする消費者金融のイメージが良くなったとしても、やはりお金を借りることは「借金」でしかないと受け止める人は少なくありません。同じ会社の中にそういう人がいると良くない噂はすぐに広まってしまうかもしれません。そういう職場の事情などはプロミス側もしっかりと配慮してくれますので安心して利用できるようになっています。

 

プロミスで在籍確認の電話なしでカードローンをするには?

 
プロミスで在籍確認の電話なしでカードローンをするには?
まず上記WEB公式サイトから審査申し込みだけしておく。
申し込み後に携帯電話にプロミス担当者から電話がきたら、その際に「会社への電話なしで在籍確認をしたい」というような希望を伝える。

そのあとは担当者の指示に従って電話の代替となる書類の用意をする。
このような流れになります。

電話なしにする代替の書類はどんなものが有効?
社員証や保険証などが一般的です。

ただこれらの書類をお持ちの方は正社員や公務員などの方だと思われますので、派遣やアルバイト、パート、自営業の方であれば、給与明細か収入証明書などがあれば電話連絡による在籍確認なしで借りることができます。

書類を出す方法はどうやればいい?
急ぎで借りたい場合は、やはり書類を写メしてネットからの画像アップロードが早いです。

急ぎでない場合は書類のコピーを郵送で送ることもできますが、やり取りにやたらと時間がかかってしまいますし、自宅に郵便物がとどいてしまうのでオススメはしません。

土日など休日に即日すぐに借りたい場合の在籍確認はどうなる?
急ぎの融資の場合はなおさら書類で在籍確認をしたいと伝えると週明けまで待たずに審査が完了できるのでおすすめです。

書類にて一通りの審査が終わったら、プロミス指定の三井住友銀行かジャパンネット銀行への振込による融資か、無人契約機、もしくはプロミス提携のATMなどに出向けばその場でカード発行をし、現金を引き出すことができますので、土日でもすぐにカードローンやキャッシングを利用できます。

 

〜プロミスの審査と在籍確認などについて〜

 
急にお金が必要になったというときに便利なのが大手消費者金融のプロミスです。

プロミスは初めてのキャッシングの方にも安心できる対応の良い会社です。急いでお金を借りたい、カードをつくりたいという場合にはプロミスは無人契約機が便利。

 

在籍確認の電話審査が難しい場合は違う方法で対応してくれます。無人契約機だと営業時間を過ぎてもカードを発行してもらえるので助かります。

 

即日融資を得たいという場合にはまずインターネットで事前に申し込みをしておくと無人契約機で審査を待つことなく手間と時間を省くことができます。

 

申し込みは24時間365日いつでもインターネットで行えます。

 

まず最初にインターネット申し込みフォームでの必要事項を記載します。この時スムーズに審査を通過するためには本人確認書類の内容と違うことの無いように間違えないように記載すること。記載が出来たら必ず読み直してから送信するようにしましょう。

 

その後に早くて30分ほど経過すると本人の電話に電話がかかってきます。その際に職場への在籍確認が難しい場合は担当オペレーターさんにその旨を伝えましょう。

 

担当オペレーターさんの判断により良しとなれば勤務先への電話による在籍確認では無く、書類提出による在籍確認の方法を案内してくれます。

 

そして無人契約機に向かうときに本人確認書類、書類提出による審査の書類を用意して無人契約機に向かい、書類を提出して契約をしカードを発行してもらいましょう。

 

プロミスの在籍確認を書類だけで審査に通す方法とは?

 
消費者金融の申込をする際、一番抵抗があるのは職場への在籍確認の電話ではないでしょうか。プロミスも嫌われていることは承知していますから、担当者の個人名で電話をしていますが、それでも普段から外部より電話がある人でなければ怪しまれることは当然でしょう。

在籍確認の電話が職場にあったというだけで、変に怪しまれることも少なくありません。会社によっては「お金に困っている社員は危ない」という理由で消費者金融から電話があった社員を配置転換するケースもあるようです。

 

しかし、プロミスではこのような問題点を解決する方法として、WEB完結と言う方法を準備しています。電話連絡を完全に省略してくれるわけではありませんが、条件が整えば職場への在籍確認を省略してくれます。

このWEB完結をするためには条件が必要です。

健康保険証の提出や直近の給与明細の提示だけではなく、口座振替で借入資金の返済をすることが条件となります。こうすることで住所地に本人が住んでいることを確認することができて、郵送物を完全にゼロにすることができるのです。

在籍確認の電話なしにプロミスの申込ができる点は非常にメリットがあります。

先ほど述べた通り、職場に電話がかからないだけではなく、土日休みの会社の方でも土日に審査を終わらせることができます。つまり、土日にお金が必要な際にも即日融資ができるのです。

 

プロミスの利用者の多くは、申込をしたその日にお金を借りたいという人が多いです。また、往々にしてお金が足りないからすぐに借りたいというのは、休日であることが多いのです。

 

そんな需要にも十分応えることができるプロミスのweb完結は利用者本位の優れた申込方法だという事ができるのではないでしょうか。

 

土日に申込んだ場合、具体的にはどういう流れになるのか紹介します。勤務先が休みということは多いです。そうなると在籍確認の電話連絡審査が出来ない事になりますが、それでもそれ以外の審査の内容に問題がなければ少額の借入れを提案されます。一旦5万円の借入枠ができます。それで月曜日に在籍確認の電話審査が完了次第、希望額の借り入れが可能になります。週末、もしくは月曜までに支払いがある場合は助かるサービスですね。

 

在籍確認の審査の際、個人情報保護法はどうなる?

 
職場への電話をすることで申込者が会社にいることを確認するのが在籍確認です。
しかし、これは一歩間違うと個人情報を他人に漏らすことになりかねません。ただ、個人情報保護法の話を知らない人や意識が低い人も少なくないのも現実です。

 

在籍確認の電話を本人が受ければ問題はありません。
金融機関は申込者本人が職場にいることを確認すればいいことであり、本人間の問題なので個人情報のことを気にすることはありません。

 

しかし、問題になるのは本人が会社におらず、出張などしている場合、他の人が「その人は出張しています」というような回答をした場合です。

 

ある人が会社に在籍しているということは、個人情報であり理由もなく社外に漏らしてはいけないことです。ただ、外部から電話があると、そのようなことを気にせずに軽く返事をしてしまうケースが多いでしょう。

 

在籍確認の電話だから個人情報保護法の適用除外になるわけではなく、個人情報保護法の適用を受けています。本来なら提供していいかどうかを会社などに確認してから回答すべきです。

 

現実に、在籍確認の電話をしても本人不在の際は、他人が返事をしてくれないケースがあります。最近は金融機関側もこのような風潮を受けて、できるだけ在籍確認の電話を省略しようとしています。

 

大手消費者金融のプロミスでは、健康保険証や給与明細で在籍確認の電話を省略していますし、三井住友銀行カードローンも直近3か月の給与明細を提示することで、在籍確認の電話を省略しているという噂があります。

 

三井住友銀行もプロミスも同じ金融持株会社の系列であり、三井住友銀行カードローンの審査をプロミスがしていることから、審査が似ているのは当然ですが、個人情報保護法の関係で在籍確認の電話を省略するパターンが増加しているのは歓迎すべきことでしょう。